行政書士の業務にはどんなものがある?

行政書士は、官公庁に提出する書類の作成及び提出の代行をすることができます。
また、陳述書などの事実関係に関する書類の作成を行うことができ、契約書の作成や遺言書の作成を補助する方が多くいます。
行政書士の業務は幅が広く、許認可業務だけでも数万種類あると言われています。
さらに、他の法律により制限されているものを除き、官公庁へ提出する書類の作成を行えることから、新たな法令が制定されたりすると、それがビジネスチャンスになったりもします。
最近では、著作権の問題や知的資産経営に関する事項に全国的に力を入れているようです。
行政書士になるには、基本的に毎年1回(11月開催)行われる試験に合格することが必要で、合格率は約10%となっているようです。
国籍や年齢も関係ないことから、幅広い年齢の方が試験を受験されています。
そのため、人によって、得意とする分野が違ったり、それぞれ特色有る業務形態を採っていることが多いです。